【レシピ】華やかなピンクのビーツディップ

2021-04-19

ローストビーツが余ったら、おすすめしたいのがディップ作り。

それだけでは濃い赤色ですが、サワークリームと合わせると鮮やかなピンク色になって、とても華やか。仕上げにヨーグルトとオリーブオイルをかけると、コンストラストの効いたおしゃれな1品になりますよ!

材料

  • ローストビーツ…小2個(約150g)
  • サワークリーム…60g
  • タヒニ…45g
  • ガーリック…1片
  • ケーパー…小さじ1/2
  • レモン果汁…大さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 塩…小さじ1/4~1/3くらい

塩の量はお好みで調節してください。野菜スティック用にするので塩を多めに、塩気のあるトルティーヤチップスなどと合わせる場合は、塩を少なめにしておくとよいと思います。


作り方

STEP 1
ビーツをローストして、皮を剥き、スライスしておく(ロースト方法については、こちらの記事をご参照ください)。

STEP 2
材料をすべてフードプロセッサーに入れて、なめらかにする。味をみて、必要であれば塩を加えてください。

STEP 3
密封容器などに移し替え、冷蔵庫で数時間冷やす。

STEP 4
お好みでヨーグルトやサワークリーム、オリーブオイル、パセリ、コリアンダーなどを仕上げにかけてください。

ビーツディップの使い道

ブルーコーン・トルティーヤチップスのお供に♪

出来上がったディップは、ピタパン、トルティーヤチップス、野菜スティックなどと合わせて前菜的に食べるもよし。マヨネーズやスプレッド代わりにラップサンドイッチに使うもよし、と、意外と使えます。

ディップにはタヒニ(白ごまペースト)も入っているので、写真のようにタヒニソース代わりにファラフェル(ひよこ豆コロッケ)とあわせたら、とても美味しかったです。

ただ、ちょっとタヒニとガーリックの味が強いので、純粋にビーツの素朴な味や甘さを楽しみたい場合には不向きかも? 逆にビーツを土臭く感じてしまう人にはおすすめかもしれません。

下ごしらえしたビーツがあれば、フードプロセッサーでがががっと混ぜるだけで簡単に作れます。よろしければお試しください♪