【レシピ】ローストビーツの真っ赤なピクルス

使い道を考えずにビーツを買ったときは、とりあえずローストするのが我が家の定番。そして、食べきれないときには長期保存が効くようにピクルスにしてしまいます。

ビーツをローストさえしてしまえば、あとはピクルス液を作って漬けるだけ。簡単な上に、甘酸っぱさがまた美味しくて、サラダをよく食べる我が家ではトッピングとしても重宝しています。

材料

32オンスのメイソンジャー1本分:

  • ビーツ…4~5個(約450g)
  • アップルサイダービネガー…220ml
  • 水…220ml
  • 砂糖(グラニュー糖)…30g
  • 塩(シーソルト)…6g
  • 黒胡椒…5~6粒

作り方

下準備

ビーツをアルミホイル包み、400F/200℃に予熱したオーブンで40~60分ローストする(詳しくはこちらの記事をどうぞ)。粗熱が取れたら、茎の部分を切り落として、皮も剥いておく。の茎の部分を切り落として、皮も剥いておく。

★ビーツは、他のオーブン料理を作るときに、ついでにローストしておくのがおすすめ。時短や電気代の節約にもつながります。

STEP 1

ビーツを食べやすい大きさに角切りにする。

★うちではサラダのトッピングにすることが多いので角切りにしていますが、お好みで5mmくらいの厚さにスライスしてもよいと思います。

STEP 2

小鍋に、水、アップルサイダービネガー、砂糖、塩を入れて沸騰させる。沸騰したら火を弱めて、砂糖がしっかり溶けるまで加熱する。

STEP 3

清潔な(できれば熱湯/煮沸消毒した)メイソンジャーにビーツと黒胡椒を入れ、ピクルス液を注ぐ。

ビーツから色素が出て、ピクルス液が赤くなります。

STEP 4

ピクルス液が完全に冷めたら、蓋をして冷蔵庫で保存する。

*****

ローストビーツを使った真っ赤なピクルスのレシピをご紹介しました。

そのまま食べるもよし、サラダのトッピングにするもよし、ポテトサラダやサンドイッチなどの他の料理に活用するもよし。

ローストした温かいものをそのまま食べるのも良いけれど、酸味の効いたピクルスもまた違う美味しさが楽しめます。ピクルスに加工すると長期保存ができるのも嬉しいですね!

よかったらお試しください♪


Print

ローストビーツの真っ赤なピクルス [印刷用レシピ]

Course 前菜
Author Kyokocat

Ingredients

  • ローストビーツ…4~5個(約450g)
  • アップルサイダービネガー…220ml
  • 水…220ml
  • 砂糖(グラニュー糖)…30g
  • 塩(シーソルト)…6g
  • 黒胡椒…5~6粒

Instructions

  • ビーツをアルミホイル包み、400F/200℃に予熱したオーブンで40~60分ローストする。粗熱が取れたら、茎の部分を切り落として、皮も剥いておく。
  • ビーツを食べやすい大きさに角切りまたは5mm厚にスライスする。
  • 小鍋に、水、アップルサイダービネガー、砂糖、塩を入れて沸騰させる。沸騰したら火を弱めて、砂糖がしっかり溶けるまで加熱する。
  • 清潔なメイソンジャー(32オンス)にビーツと黒胡椒を入れ、ピクルス液を注ぐ。
  • ピクルス液が完全に冷めたら、蓋をして冷蔵庫で保存する。