【レシピ】漬け込むだけ!激辛ハバネロ醤油

2021-09-24

裏庭で育てているハバネロの消費・保存も兼ねて、ハバネロ醤油を作りました。

刻んで漬けるだけと、作り方はとても簡単。漬け込むのがハバネロだけに、単品ではかなりの辛さを感じますが、炒めものなどに辛さをプラスしたいときなんかにすごく便利です。

レシピというほどのものではないけれど、備忘録として書き残しておこうと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

材料

メイソンジャー(8オンス)1個分:

  • ハバネロ…5個(40g)
  • 醤油…150ml
  • だし昆布…1切れ

醤油は美味しいものか、使い慣れたものでどうぞ。

アメリカで醤油を用意する場合は、キッコーマンなどの日系ブランドで、Traditionally Brewed(伝統醸造)されている醤油がおすすめです。

用意するもの

作業に絶対に必要なのは、食品用の使い捨て手袋です。

ぶっちゃけ、ハラペーニョなどは気をつけていれば素手で扱えるレベルですが、ハバネロだけは舐めてかかると後が大変。←経験済み(笑)。

▼手袋は、左の「ぶかぶかタイプ」よりも、右の「フィットタイプ」のほうが作業がしやすいです。

もし手袋がなければ、ビニール袋なりジップロック袋なり、手を保護できるものを用意してください。作業しづらくはなりますが、ないよりはマシですので。

作り方

STEP 1

手袋をして、ハバネロのヘタを取り、粗く刻む。

大きさはお好みで。細かく刻んだほうが辛くなります。あまり辛くしたくない場合は、 種やワタも取り除いてください。

STEP 2

煮沸/熱湯消毒した瓶にハバネロと昆布を入れる(8オンスのメイソンジャーを使用)。

STEP 3

ハバネロと醤油の上から醤油を注ぐ。

蓋をして冷蔵庫で1日以上寝かせたら、できあがり。

* * * * *

1週間くらい寝かせるのがベストですが、1日漬けただけでも、なかなかの激辛に。2日過ぎたあたりから、フルーティな香りも立ってきます。

料理に少量を入れるだけでも辛さが出せるので、ある意味、コスパが高いと思っているのですが、どうでしょうか?(笑)。

漬け込むだけで気軽に作れるので、ハバネロの活用や保存にもぜひ。

Print

激辛ハバネロ醤油[印刷用レシピ]

Course ドレッシング・ソース
Cuisine Japanese
Author Kyokocat

Equipment

  • 食品用の使い捨て手袋[必須]

Ingredients

  • ハバネロ…5個(40g)
  • 醤油…150ml
  • だし昆布…1切れ

Instructions

  • 手袋をして、ハバネロのヘタを取り、粗く刻む。
  • 煮沸/熱湯消毒した瓶にハバネロと昆布を入れる。
  • ハバネロと醤油の上から醤油を注ぐ。蓋をして冷蔵庫で1日以上寝かせたら、できあがり。