【レシピ】アメリカンチェリーのシロップ漬け

昔は(カンザスでは)なかなかセールになることがなかったアメリカンチェリーですが、近年はやけにリーズナブルな値段で出回るように。おかげで、セールでまとめ買いする機会もぐんと増えました。

2~3ポンドも買うと数日ではとても食べ切れないため、うちではすぐにシロップ漬けに加工してしまいます。

少々の手間はかかってしまいますが、鮮度を気にせず美味しく食べられて、日持ちもすると、いいこと尽くめ♪

この記事では、そんな我が家の定番ともいえるアメリカンチェリーのシロップ漬けの作り方をご紹介します。よかったら参考にしてみてくださいね!

材料

使う材料は、チェリー、砂糖、水の3つだけ!

  • アメリカンチェリー…900g
  • 砂糖…270g(アメリカンチェリーの30%)
  • 水…135~270ml(砂糖の半量~同量)

補足

★砂糖と水の量は、種を抜いたチェリーの重さにあわせて、それぞれ計算してください。

★チェリーを容器に入れた時にちゃんとシロップに浸かるように、水を加えてシロップを作ります。水の量が少ないほど甘くなります。お好みで調整してください。


手順

下準備

  • 保存容器を熱湯/煮沸消毒しておく。

STEP 1

チェリーをきれいに洗い、チェリーピッターで種を抜く。

私は農薬を落とすために重曹水で洗っています。詳しくはこちらの記事でどうぞ。

また、チェリーピッターはこちらの記事で紹介している▼OXO社のものを愛用中!

STEP 2

種を抜いたチェリーの重さを測り、砂糖(チェリーの30%)を用意して、チェリーの上からふりかけて手で軽く混ぜ合わせる。

ボウルにラップをかけて、冷蔵庫で半日以上放置する。

12時間くらいおくと、こんな感じ(↑)。

チェリーから水分が出てきていますが、砂糖は溶け切っていない状態です。

STEP 3

厚手の鍋にチェリーを移し、砂糖の半量~同量の水を入れて、中火にかける。

軽く沸騰してきたらアクが出てくるので、火を弱くして、アクを取りながら5~7分ほど煮る。

STEP 4

清潔な瓶に移して、粗熱が取れたら、冷蔵庫で保存する。

保存には密閉容器を使うのがベストですが、我が家では作ったそばからすぐに消費しちゃうので、写真のようにワーキンググラスに入れて簡易保存することも。

長期保存したいならメイソンジャーに入れてカンニングしたり、ジップロックなどに入れて冷凍してください。

使い道

出来上がったチェリーは、パイやチーズケーキなどの焼き菓子に使う他、毎朝のヨーグルトやアイスクリームに添えたりして楽しんでいます。

その他、パンケーキやトーストにトッピングしても◎。ただ、このレシピのシロップはさらりとして、ソースとしては少し弱い(薄い)です。

なので、もしシロップだけ余ってしまったら、煮詰めたりコーンスターチを入れて、とろみをつけるのがおすすめです。

トーストにクリームチーズアイシングを塗り、シロップ漬けにしたチェリーをのせて、さらに煮詰めたシロップをかけると、最高に贅沢な1品になりますよ!

よかったらお試しくださいね~。

Print

アメリカンチェリーのシロップ漬け[印刷用レシピ]

Course Dessert
Cuisine American
Author Kyokocat

Ingredients

  • アメリカンチェリー…900g
  • 砂糖…270g(チェリーの30%)
  • 水…135~270ml(砂糖の半量~同量)

Instructions

  • 下準備:保存容器を熱湯/煮沸消毒しておく。
  • チェリーをきれいに洗い、チェリーピッターで種を抜く。
  • 種を抜いたチェリーの重さを測り、砂糖(チェリーの30%)を用意して、チェリーの上からふりかけて手で軽く混ぜ合わせる。ボウルにラップをかけて、冷蔵庫で半日以上放置する。
  • 厚手の鍋にチェリーを移し、砂糖の半量~同量の水を入れて、中火にかける。軽く沸騰してきたらアクが出てくるので、火を弱くして、アクを取りながら5~7分ほど煮る。
  • 清潔な瓶に移して、粗熱が取れたら、冷蔵庫で保存する。

Notes

砂糖と水の量は、チェリーの量にあわせて、それぞれ計算してください。