入れっぱなしOK!調味料用の短い計量スプーン

ずっとずっと欲しかったキッチン用具。それは、持ち手が短い軽量スプーン。

何に使うのかといえば、調味料の容器に入れっぱなしにするため。

普段から袋入りのスパイスや粉類を買うことが多いので、そういった調味料は小さな容器に入れて保管しているのですが、普通のスプーンでは持ち手が長すぎて蓋が閉められないという問題が。

料理に使う頻度が高いほど、いちいちスプーンを出してきたり、使うたびに洗う手間が発生するのは地味に面倒くさい。

ただ、そんな持ち手が短いスプーンってなかなかないものですね。日本ならきっといろんな商品があって選び放題なんだろうけど、アメリカでは選択肢が少なすぎる・・・。

というわけで、長らくプラスチック製スプーンの持ち手を折ったもので誤魔化していたのですが、このたび、希望の計量スプーンが見つかりました!

この記事では、そんな計量スプーンと使い勝手をご紹介します。

業務用調理器具を扱うお店で購入

見つけた場所は、地元の業務用調理器具を扱うお店です。

レストランで使うようなフライヤーとか、超大型のスタンドミキサーとか、ソフトクリームのサーバーとか、明らかに業務用の器具だけでなく、普通に一般家庭で使えるキッチン用品も多くて、見ているだけで楽しいのですよね。

今回買った4本セットの計量スプーンも、そんなお店の片隅に山積みになっていました。

インド製で、作りこそ安っぽいものの、素朴と言えなくもない(笑)。薄っぺらいけど、ステンレス製だし、きっと丈夫。容器の中に入れっぱなしにしておくなら、気にならないレベルです。

しかも、1セット99セント。もちろん、即決です。

ただ、重ねて収納できる入れ子式デザインになっているため、持ち手の長さが微妙に違っていました。

測ってみたら一番長い大さじスプーンは全長が12cm。これは、手持ちの小さじスプーン(写真右)より数mm短い程度。

でも、一番短い小さじ1/4スプーンは9.8cm。その中間の2本も、手持ちの計量スプーンよりは短めで、悪くないです。

こんな風に使うことに

サイズ的にどうなのか、実際に調味料の容器に入れてみました。

一番長かった大さじは、コーンスターチの32オンス容器の中に。

小さじ1と小さじ1/2スプーンは、もち粉とタピオカ粉を入れている16オンス容器の中に(どちらもARGOコーンスターチの容器を再利用。四角いほうは昔のデザインです)。

持ち手が一番短い小さじ1/4スプーンは、粗挽き唐辛子を入れているガラス容器の中に。

なかなかよい感じ!

それぞれ使っている容器の大きさが違うので、持ち手の長さが違うのが逆に良かったです。もちろん、ちゃんと蓋も閉められる。よし!

実際に使ってみた感想

一言でいえば、すごく便利です!

主なメリットとしては、

  • 容器の中に収まる(蓋がちゃんと閉められる)
  • 容器に入れっぱなしにしておける(使うたびに洗わなくて済む)
  • 持ち手が短すぎないので、内容物の量が減っても取り出しやすい

の3点。スプーン1本の差とはいえ、洗い物が減ったのは地味に嬉しいです。

ただし、メリットばかりではなく、次のようなデメリットもありました。

  • スプーンの先のくぼみが浅くて、すりきり計量がしづらい
  • 容器の内容物が多い場合は収納しづらい

計量スプーンなのに、計量しづらいのはいかがなものか(笑)。

それでも、最初から「計量」の機能はたいして求めていなかったので、私的にはそれほどのデメリットではなかったです。そもそも、ちゃんと計量したいときにはキッチンスケールで重量を測りますしね。

なので、総合的にみれば大成功!「買ってよかった!」お買い物となりました。

他にも、計量スプーンを入れっぱなしにしておきたいスパイスや粉類があるので、近いうちに2セットほど買い足したいと思っています。

*****

ちなみに、割高にはなりますが、私が買ったものと同じ計量スプーンがAmazonにもありました。

せっかくだから、もう少ししっかりしたものが欲しいという方は、↓こういう大さじ3本セットも良いかもしれません。

別に計量スプーンでなくてもよいなら、選択の幅も広がります。

私が買ったものより持ち手が短いものや、木製でかわいいものもありました。木製ならお塩にも使えますね!(ステンレス製だと塩で錆びる可能性があるので注意です)。

また、デザイン性や機能性を優先するなら、一時帰国の際やお取り寄せで、日本の製品を取り寄せるという手もありますね。

LOLOの「おおさじこさじ」は、私も気になっていて、一時帰国時の買い物リストに入れています。

その他、アメリカで探すなら、"Short Handle Measuring Spoon" や “Short Spoon"で検索すると、いろいろ出てきますので、チェックしてみてくださいね。

使い勝手の良い製品が見つかりますように!