【アメリカ】0.1g単位で測れるキッチンスケールを購入しました

パンやお菓子作りから、愛猫のドライフードまで、あれこれ計量するために日常的に使っているキッチンスケール。

これまで使っていたキッチンスケールもまぁまぁ使えたんですが、最近ボタンの反応が悪くて、イライラすることが増えたため、買い換えることに。

が、よく使うからこそ、これだけは譲れない!という条件がいくつかあり、アメリカでそれを満たすキッチンスケールを探すのはかなり大変でした。

この記事では、かなりの数の量のキッチンスケールを比較&レビューをチェックして選んだキッチンスケールをご紹介します。

これまで使っていたキッチンスケール

これまでは、15年くらい前にAmazonで買ったものを使っていました。

これを選んだ理由は次の通り。

  • アメリカのブランド
  • 薄型デザイン
  • 表面:ステンレス製
  • 4単位に対応(g/ml/lb/oz)
  • 風袋引機能(Tare)付き
  • 最大計測値:5kg/11lb
  • 自動オフ機能付き

そこそこ気に入っていたのですが、使っていくうちに、あれこれ不満に思う点も増えてきました。

  • 測る量が少なすぎると、反応しない(2g以下のものは測れない)
  • 割高なコイン型電池が必要で、ランニングコストも高め
  • ボタンの反応が悪く、何度も押す必要がある

最後のボタンの反応に関しては、最近の話なので、おそらく、ボタンの下に組み込まれたパーツの劣化が原因だと思います。ま、15年も使ってるから、パーツも損耗しますね。

今回キッチンスケールに求めた条件

これまで使っていたキッチンスケールと同じ機能があることをベースに、次の条件を満たすキッチンスケールを探しました。

必須条件:

  • 計測が正確(0.1g単位で測れる)
  • 重いものも測れる(最大計測値が5kgくらいある◎)
  • 4単位(g/ml/lb/oz)に対応
  • 風袋引き機能付き
  • 自動オフ機能付き
  • 製品レビューが良い
  • リーズナブルな価格

ちなみに、最大計測値や4単位対応にこだわっているのは、日本に送る郵便物の重さを事前に測るため。日本のように小幅で料金設定されていないし、毎年値上がりしてて高額だから、きっちり測るのはマストです。

また、アメリカ人のオットがオンス/ポンド計量を使うからという理由もあります。

アメリカのレシピはほぼカップ表記ですが、オンスで記載されている場合もあるので、そういう場合はgとオンスで測れると何気に便利。

その他、必須じゃないけど、希望する条件:

  • ちゃんとしたブランド製品(中国ブランドは避けたい)
  • 薄型デザイン
  • 使用する電池が単4形(AAA)または単3形(AA)
  • 防水

この辺の条件も満たしているスケールがあったら、私的には完璧!

ただ、まとめると「性能とレビューが良くて、そこそこ安い」が条件なので、それはもう探すのが大変でした!(笑)。

実際に購入した製品

性能に加えて、製品レビューが良くて、リーズナブルで、なんて欲張っていたら、延々と堂々巡りをしてしまいましたが、ようやく決めた製品がEtekcity社のキッチンスケールです。

どのくらい条件にあった製品かというと・・・

  • 計測単位:○…1kgまでは0.1g単位、5kgまでは1g単位で計測可能
  • 最大計測値:○…5kg/11lb
  • 4単位に対応:○…液体オンスでも表示可の5単位対応
  • 風袋引き機能:○
  • 自動オフ機能:○…2分後に自動的にオフになります
  • 製品レビュー:○…☆4.7/5(2021/7/28時点で4,082レビュー)
  • 価格:○…私が買ったときは$12.95でした
  • ブランド:?…会社所在地は米国カリフォルニア州。でも中国系っぽい?(製品は中国製)
  • デザイン:△…薄型ではないけど許容範囲
  • 使用電池:○…単4形電池(AAA)2本
  • 防水:✕

ほぼ希望通り!

レビューをチェックしていたら、少数の人が「正確じゃない」と書いていたのでやや不安だったんですが、どの製品でも一定数の人が文句を言っているのですよね・・・。

結局は、自分で使ってみないと良し悪しはわからない。価格もリーズナブルだったし、ダメ元で買ってみることに。

実際に使ってみた感想

良かった点

★ボタン2個のシンプルなデザイン&操作も簡単

★電源を入れた時点で、風袋引き機能が作動する
(ボウルなどをのせてからボタンを押すと0表示される)

★電池が付属していて、すぐに使える

★プラスチック製なので軽い(295g)

★LCD画面が明るい

ここがちょっと・・・と思った点

★ボタンを押したときの音がややうるさい

★たまに計量表示が遅れるときがある

★LCD画面のバックライトのオン/オフができない(常にオン)

★1g以下は測れない

正確性を検証

実際に愛猫のドライフードで正確性を検証してみました(うちでは愛猫のダイエットのために、毎食計量しています)。

ドライフード1粒=約0.2g。写真の右と左では1粒違うだけですが、ちょうど1gと思われる時点(左)では0.0g表示になってしまいます。

また、何度か同じドライフードで計測したところ、6~8粒以上入れても0gとなる場合もありました。なので、測るものが2g以下のときの精密さはそれほど期待しないほうがよさそうです。

ただ、総重量が1g以上であれば0.1g単位で測れます。

コインとか何か別の物の重さを測ってから、測りたいものを追加すれば1g以下でも計量は可能です。ただ、風袋引き機能が使えないので、自分で計算する必要があります。

総合的には満足!

不満点がないわけではありませんが、思ったより満足度は高めです。

前のキッチンスケールが壊れかけだったこともあり、何度もボタンを押す必要がなくなっただけで、かなりのストレスフリーに。

こんなことなら、もっと早く買えばよかったです。

参考情報:候補に挙げていたキッチンスケール

ちなみに、選ぶ過程で候補に挙がっていたものは次の通り。

いずれも、名の知れたブランドでデザインも好みだったんですが、微妙に条件が合わず。逆に、私みたいに 最大計測値や4単位対応にこだわりがない方にはおすすめかも。

タニタ

  • 信頼のおけるタニタ製品!
  • 200gまでは0.1g単位、2kgまでは0.5g単位で計測可
  • 最大計測値は3kg/6lb
  • すっきりしたデザイン
  • g表示のみ
  • 値段が高い

OXO

  • アメリカのOXOブランド
  • 0.5g~測れ、0.1g単位で表示
  • 最大計測値は3kg/6lb
  • タイマー付き(コーヒーを淹れるのに便利)
  • すっきりしたデザイン
  • 値段が高い

* * * * *

最近、新調したキッチンスケールをご紹介しました。

条件がありすぎて?決めるのが大変だったんですが、なかなか使い勝手の良い製品が手に入って嬉しいです。

この記事がアメリカでキッチンスケールを探している方の参考になれば幸いです!