【アメリカ】ル・クルーゼの鍋を生涯保証で新品交換する方法(2017年1月)

2021-07-20

一生ものだと言われるル・クルーゼのお鍋。大切に使っていたのに、内側のコーティングが剥がれてきた・・・。

でも、大丈夫!ル・クルーゼには生涯保証がついているので、新品に交換も可能ですよ!

2021/7/20追記:
2021年7月に2個目のル・クルーゼの交換をお願いしました。この記事で説明した2017年とは方法が変わり、手続きが簡単になりました!2021年の経験談が最新情報となりますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

生涯保証を利用するための条件

ル・クルーゼのキャストアイロン製品には、もれなく生涯保証がついてきますが、その保証を利用するには3つの条件を満たしている必要があります。

  • アメリカ国内で購入していること。日本を含め国外で買ったものは保証対象外です。
  • ル・クルーゼの「最初のオーナー」であること。中古で買った場合や、家族から譲り受けた場合などは不可となります。
  • 使用説明書に従い、通常の範囲内で使用していること。家庭で使っているものに限られ、故意や落下などの事故による損傷や、商業用に使っている場合は対象外となります。

手順①カスターサービスに連絡し、承認番号を発行してもらう

まず、電話もしくはメールでカスタマーサービスに連絡をして、生涯保険を使いたい意思を伝えます(連絡先は公式サイトで確認できます)。

これは返品に対し「承認番号」を発行してもらうため。その際に求められる情報は次の通り。

  • 使用者の氏名
  • 自宅の電話番号
  • 自宅の住所(PO Boxは不可)
  • 商品の詳細(商品名/形状/サイズ/種類)
  • 商品の色
  • 商品の数
  • 入手方法と購入場所(購入/ギフト/譲り受け)
  • 商品の使用期間(購入年)
  • コーティングの欠けなど、問題点や不具合の詳細(交換理由)

私は自分で購入したものなので、購入場所を伝えるだけでよかったのですが、ギフトでもらった場合はギフトレシートが必要になるかもしれません。

また、5個までなら複数個の対応が可能なため、返送する商品の数も聞かれます。

手順②交換したい製品をル・クルーゼに送付する

承認番号(CR#およびRA#)を発行してもらったら指定された住所に製品を送ります。蓋がある製品の場合は、蓋の同送もお忘れなく!

この時、氏名/住所/電話番号/承認番号/交換品の希望の色を書いた手紙を同封します。希望の色に関しては、同じ色のものに交換できない場合があるからのようですが、同じ色でも違う色でもOK。私は第3希望まで書いて提出しましたが、第1希望は同じ色にしました。

この際の送料は自己負担になります。ダッチオーブンの大きさにもよりますが、郵便局(USPS)のPriority MailのFlat Rate用の箱に入るようなら、このサービスを利用すれば送料を抑えられると思います。追跡番号もついてくるので安心ですよ。

手順③ひたすら待つ

ル・クルーゼに送った製品は、クオリティーコントロールの部署で検査されます。ここで、コーティングの欠けなどの問題が製品の製造上の不良によるものであると判断されれば、新品に交換されます。

このプロセスには2~4週間かかり、途中、ル・クルーゼからのアップデートも特にありません(承認番号を提示すれば進捗状況の問い合わせはできるようですが)。

「一生モノ」にふさわしい生涯保証

新しいお鍋で、早速お米を炊きました♪

私の場合は1ヶ月ほどかかりましたが、9年間使ったお鍋を無事に新品交換してもらえました。希望の色だったのも嬉しい!

私の交換経験は少し古い情報になりますが、手順そのものは同じだと思います。何らかの理由で交換が認められない場合は、その旨の手紙が届きます。こちらから送った製品は返送されませんが、代替品を新たに新品を購入するなら割引価格のオファーがあるようですよ。

お手元に傷んだル・クルーゼの鍋があるなら、ぜひ1度カスタマーサービスに連絡してみてくださいね!