★ このサイトでは、アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています ★

【アメリカ】再利用に!プラ容器が魅力な食品6選

紙袋入りの小麦粉、紙箱入りのコーンスターチ、ビニール袋入りの豆類などなど。開封後の扱いに困るパッケージがまだまだ主流のアメリカ。使いかけの食材ってどうやって保存していますか?

すぐに消費できるものならクリップで袋を閉じておいたり、ジップロックに入れておいたりするのもアリだけど、しばらく置いておくなら湿気や虫の混入も気になるところ。

そんなときに便利なのが、他の食品が入っていたプラスチック容器。

どの容器も軽いのに丈夫で、再利用が可能。しっかり密封できる作りになっている上に、もともと食品が入っていたものなら、素材の安全性も確かです。

ある意味「無料」なのに、ラベルを剥がしてしまえば新品同様とくれば、再利用しない手はありません。

この記事では、我が家でリピ買いしているプラスチック容器入りの食品を6つご紹介します。商品を選ぶときの基準も合わせてまとめてみたので、よかったら参考にしてみてくださいね!

容器の再利用目的で商品を選ぶときの基準

プラスチック容器入りなら何でも良いというわけではなく、次のポイントを基準にして選んでいます。

  • 中身が食品の商品(=使われている容器が食品に安全な素材)
  • 中身が普段の料理に使う食材またはよく食べるお菓子
  • 賞味期限内で確実に使い切れる量のもの
  • 欲しいサイズ・形状の容器

容器欲しさにムダなものを買うのは本末転倒ですが、中身が普段よく使う食材やお菓子であれば、私的に「買い」です。

特に大容量パックの商品であれば、(新品で買うとそれなりの値段がする)大型容器が無料で手に入る上に、中身の単位価格も下がって節約になるという特典つき!倹約主婦としては、もはや買わないという選択肢はないです(笑)。

おすすめプラスチック容器入りの食品

我が家が気に入っている食品で、再利用しやすいプラスチック容器入りの商品は次の6つです。

ピーナッツバター

常備しているピーナッツバターは、メーカーを問わず、重量が16オンス(453g)前後のものをよく買います。

小回りが効くサイズで、量り売りで買ったスパイスなどを入れるのに使っています。

また、軽くて冷蔵庫のドアポケットで保存したい少量の食材にもぴったり。ドアを開けたときに他のものとぶつかって音が出ることもありません。蓋を外して、トマトペーストやアンチョビペーストなどのチューブを立てて収納するのにも重宝しています。


【PR】SKIPPY ナチュラル クリーミー ピーナッツバター(2パック)

Talenti

アメリカで人気のジェラートアイス・Talenti。容量は16液体オンス(1Pt/473ml)です。

容器にロゴがプリントされていますが、シンプルなので気になりません(むしろオシャレかも)。広口で食材を入れやすいので、主に半端に残ったスープやトマト缶の残りなどを冷蔵庫保存するのに使っています。

ただ、胴部の形状がストレートタイプで重ねられないため、数が多いと収納に困るかもしれません。


【PR】Talanti ジェラート(ピスタチオ)

Kraft リアルマヨネーズ

Kraft リアルマヨネーズは、容量が30液体オンス(887ml)のものをよく買っています。

1ポンド(453g)袋入りの乾燥豆を楽々入れられる大きさなので、豆類の保存によく使っています。

また、かさばる昆布やしいたけなどの乾燥食材や、量り売りで買った粉類などを冷蔵庫で保存するときにも便利。


【PR】Kraft リアルマヨネーズ 30液体オンス

Argo コーンスターチ

紙箱入りのコーンスターチが多いなか、Argoのコーンスターチはプラスチック容器入り!

普通サイズ(16オンス/456g)は、数年?ごとに容器の形状が変わるようで、円柱型とスクエア型があります。

35オンス(903g)や48オンス(1361g)入りの大容量サイズは、スクエア型で、持ち手くぼみがついた容器に入っています。

容器が不透明なので、直射日光を当てたくない食品の保存にぴったり。ただ、黄色 x 青色の配色がちょっと目立つのが難かもしれません(笑)。


【PR】Argo コーンスターチ 35オンス(2パック)

ナッツ類

消費が激しいナッツ類も、容器&節約目的で大容量のものを買っています。

容器は、持ち手くびれ付きのスクエア型容器で大容量!胴部が透明なので、中身の確認も簡単です。

我が家では、Aldiで重量が30オンス(850g)のカシューナッツを買うことが多いのですが、他社ブランドのナッツ類だと32オンス(907g)~34オンス(963g)入りが主流のようです。それぞれサイズが微妙に違うので、同じサイズの容器を複数揃えたい場合は注意したほうが良いかも。

また、これより容量が大きいものが欲しければ、重量が62オンス(1758g)のM&Mもおすすめです。

ちなみに、持ち手くびれ付きのスクエア型の容器は容量が異なっても、蓋の口径は同じであることが多いです(少なくとも、うちにあるこの手の容器の蓋は同規格でした)。なので、蓋の色が気に入らなければ、他の容器のものと交換しても良いと思います。


【PR】Member’s Mark デラックス ロースト ミックスナッツ(34オンス)

Body Fortress プロテインパウダー

オット愛用のBody Fortressプロテインパウダーは、1.8ポンド(789g)入りと3.9ポンド(1.76kg)入りがあり、どちらも不透明タイプの容器に入っています。

とにかく大容量です。サムズクラブで10ポンドの強力粉を買ったときなどに、小分けにして保存するのに活用しています。

ただ、蓋のサイズ(口径)が大きめなので、手の小さい方にはちょっと開けづらいかも。また、持ち手くびれもついておらず、持ちにくいです。

正直このサイズの容器はそれほど必要ないので、最近では上半分をカットし、電動ドリルで底に穴を開けて植木鉢代わりにしています(笑)。


【PR】Body Fortress ホエー プロテインパウダー

*****

再利用可能なプラスチック容器入りの食品を6つご紹介しました。

どの入れ物も商品の「おまけ」的な存在ですが、しっかり密封できて、サイズも豊富。量り売りや使いかけの食材など、日々の食材保存にかなり役立っています。

この記事ではスクリュートップの容器ばかりをご紹介しましたが、普段コンテナ容器を使う方であれば、Hillshire Farmのハムもおすすめかも。よかったらスーパーでチェックしてみてくださいね。

なお、プラスチック容器についているラベルの剥がし方については別記事にまとめています。ご興味のある方は、下記リンクからあわせてどうぞ!