旨味たっぷり!パルメザンチーズ外皮の活用方法

2020-10-09

パルメザンチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)の外皮、ひょっとして捨てていませんか?

旨味たっぷりのこの部分。実は美味しい出汁が取れるので、スープの美味しさを底上げするのにぴったりなのです。

使う前の下準備

パルメザンチーズ外皮には汚れやゴミがついているので、それらを取り除くために、外側の色の濃い部分を削ります。

包丁で削ぎ落とす方法もありますが、チーズが硬くなりすぎると難しいし、包丁が滑りやすくて危険なので、チーズグレーターなどで削ることをおすすめします。

色の濃い部分や刻印が消える状態まで削ったら、下準備は完了!(削った部分はもったいないけど処分します)。

スープを煮込むときに投入するだけ

下準備ができたら、あとはスープを作るときに他の具材と一緒に煮込むだけ。

1時間も煮込めば、こんな風に表面がとろりとした感じになります。このチーズは「出汁がら」として取り出してください(旨味が抜けているので、食べられるけど、チーズとしてはあまり美味しくないです(笑))。

注意点としては、スープを味付けするときに塩を調節すること。チーズ外皮から塩分も出てくるので、普通に味付けすると塩辛くなる可能性があります。

外皮で出汁を取ったスープは、しっかりとしたパルメザンチーズ風味がつくので、ポタージュやクリーム系のスープと相性抜群。トマト系スープやトマトソースを仕込む時に入れても美味しいと思います。

ちなみに、写真のスープは、チキンブロスベースに、人参、玉ねぎ、セロリ、じゃがいもを使用。パルメザンチーズの外皮を入れて煮込み、外皮を取り出したあとにバーミキサーで滑らかにしています。

保存方法

パルメザンチーズ外皮がたくさんある場合は、まとめて表面を削り、個別にサランラップなどで包むか、ジップロック袋に入れて冷凍庫保存しておくと、スープを作るときにさっと使えて便利です。

面倒でなければ、外皮と野菜(人参、玉ねぎ、セロリ、ガーリック)などを一緒に茹でて、スープのベースになる「ブロス」に仕上げておくという手もあります。

リンドは購入も可能

大きなパルメザンチーズを買わなくとも、チーズ専門店などで、外皮部分を集めた商品(リンド/Rind)を手に入れることが可能です。

パルメザンチーズを買うよりリーズナブルな上に、Kroger系スーパー(Murray’s Cheeseコーナー)ではよく見切り品になっていて、節約派主婦としては嬉しい限り♪

一味違うスープを作れるので、調味料としておすすめです。興味がある方は、1度チェックしてみてくださいね!