【レシピ】完熟バナナのさっと煮ジャム

2021-04-24

生のバナナが嫌いです。

味は美味しいとは思うのですが、生のもそっとした粘り気のある食感と、喉に詰まる感じがして、どうにも苦手で(良く噛めって話?)。

オットがおやつに良く食べるので、割と常備している果物だけど、気がつくと完熟して黒くなっていることも・・・。

そんなときは、バナナケーキなどのお菓子に活用しますが、最近気に入っているのは、さっと煮てジャムにしちゃうこと。喉の通りも良くなるし、どんどん黒くなるバナナを見て焦ることもなくなります(笑)。

材料

下記の分量で、直径8cmのココット1個分くらいのジャムになります。

  • 完熟バナナ…2本
  • 砂糖(グラニュー糖)…大さじ1
  • レモン果汁…小さじ1/2
  • 塩(シーソルト)…ひとつまみ

作り方

STEP 1
完熟バナナを7~8mmくらいの均等な厚みに輪切りにする。

STEP 2
フライパンにバナナを並べ、砂糖をふりかける。

STEP 3

砂糖が上記写真のようにバナナの水分で溶けてきたら、中火にかける。

STEP 4
砂糖が完全に溶けたら、バナナをひっくり返す。

STEP 5
レモン果汁と塩を入れる。

バナナが柔らかくなり、煮詰まってシロップにとろみがついたら、できあがり!

作ったらすぐに食べられますが、冷めるとシロップがゼラチン状に固まって、トーストに塗りやすくなります。

砂糖が控えめになっているので、長期保存には向きません。冷蔵庫で保存して、お早めにどうぞ!

おすすめの食べ方

バナナジャムは、ピーナッツバターと合わせてトーストに塗るのがおすすめです。

お好みでマシュマロクリームも添えると、朝から幸せな気分になれる甘々トーストに♪『ピーナッツバターを使ったアメリカらしいサンドイッチ3選』でご紹介したエルビスサンドイッチにしても美味しいと思います。

また、バナナの形もある程度残してあるので、バナナケーキやマフィンなどの焼き菓子に使ったり、パンケーキのトッピングにも使ます。

バナナの食感が嫌いな方に激おすすめなさっと煮ジャム。完熟バナナが余っていたら、お試しください。