ピーナッツバターを使ったアメリカらしいサンドイッチ3選

2019-09-30

ピーナッツバター消費大国のアメリカ。その消費量は、1年に7億ポンド分というから驚きです。

そんなアメリカで、子供から大人まで、みんなが大好きな定番サンドイッチを3品をご紹介。

ピーナッツバター&ジェリー(PB&J)

ピーナッツバターサンドイッチの定番といえば、言うまでもなく、これ。ピーナッツバター + ジェリー(ジャム)の組み合わせです。

作り方は、あまりにも簡単なので省略します(笑)。

アメリカではグレープジェリーを使うのが一般的ですが、お好きなジャムでどうぞ!

フラッファーナター(Fluffernutter)

語呂が良くて楽しげなこのサンドイッチは、マシュマロクリーム + ピーナッツバターの組合わせ。Flufferがマシュマロクリーム、Nutterがピーナッツバターを指しています。

マシュマロクリームは、マシュマロを柔らかくしたようなふわふわした質感で、こってりしたピーナッツバターとよく合って美味しい。



エルビスサンドイッチ

エルビス・プレスリーが愛したことで有名なこのサンドイッチは、ピーナッツバター + バナナ + ベーコン + バターの組み合わせ。

これは、パンの表面にバターを塗って焼きあげます。表面がきつね色になり、ピーナッツバターが溶けたら出来上がり。

実はこのサンドイッチ、初めて作ってみたんですが、私的にはちょっとイマイチでした。ピーナッツバターが甘さ控えめタイプだったし、バナナも完熟してなかったから、甘さが足りなかったんだな、きっと。

他のサンドイッチと違い、バターも使っているのでカロリーも高め。半分食べたらもうお腹いっぱい!(半分はオットに押し付けました(笑))。

後日談:生のバナナの代わりに、さっと煮ジャムに加工したバナナ(レシピあり)を使ってみたら、すごく美味しかったです。生のバナナの食感が嫌いな方に激おすすめ!

番外編:フールズ・ゴールド・ローフ(Fool’s Gold Loaf)

ちなみに。エルビスを虜にしたサンドイッチはもう1つありまして、その名も"Fool’s Gold Loaf"。

これはサワードウブレッド + バター ピーナッツバター グレープジャム ベーコンの組み合わせ。

すごいのはその量。パンはフットロング(約30.5cm)だし、ベーコンはたっぷり1ポンド(約450g)!というカロリーの塊みたいなサンドイッチです。エルビスは1人で全部食べたらしいけど、私は完食できる気がまるでしない・・・。

残念ながら、エルビスがプライベートジェットで買いに行ったというレストランはもう存在しません。が、デンバーポストの記事(英語、レシピあり)によると、エルビスのためにこのサンドイッチを作ったというニックさんのレストラン(Nick’s Cafe)では、今もFool’s Gold Loafが食べられるとのこと。

Nick’s Cafeはコロラド州デンバー郊外にあり、店内にはエルビスのポスターやら写真などが展示されているそうなので、ロードトリップの際に立ち寄って、オーダーしてみるのも面白い、かも?

それぞれのカロリーは?

どれもこれもカロリーが高そうだけれど、実際どうなんだろう?と思い、それぞれのフィリングのカロリーを確認してみました(*印の食材は一般的なカロリーで表記)。

  • 食パン*:2枚で158カロリー
  • ピーナッツバター:大さじ2(32g)で170カロリー
  • ブラックベリージャム:大さじ1(20g)で50カロリー
  • マシュマロクリーム:大さじ2(13g)で45カロリー
  • バナナ* :1/2本(約50g)で43カロリー
  • ベーコン* (フライパンで焼いたもの):1枚(8g)で43カロリー
  • バター*:大さじ1で102カロリー

それぞれのサンドイッチに、大さじ2くらい使っていると仮定すると・・・

  • PB&J:428カロリー
  • Fluffernutter:373カロリー
  • エルビス:516カロリー

おおお。わかってはいたけど、結構ありますね・・・。

ちょっとフォローしておくと、ピーナッツバターは食物繊維やタンパク質も取れる利点もあります。

手元にあるピーナッツバターを確認してみたところ、タンパク質が多い点を謳っているだけあって、32g中10g(含有率31.3%)も含まれていました。普通のピーナッツバターでも8g(含有率25%)。含有率でみれば鶏胸肉とあまり変わらないので(鶏胸肉は140g中43gがタンパク質=含有率30.7%)、タンパク質を積極的に摂りたい人にはうってつけかもしれません。

そして、ピーナッツバターは脂肪分も多いけれど、身体に良い「不飽和脂肪酸」だから、ダイエットにもおすすめの食材だとか。ピーナッツバターを使ったサンドイッチって、ギルティープレジャーだわ~と思っていたけど、これを知って、ちょっと罪悪感が薄れましたよ!

おわりに

アメリカで人気のピーナッツバターを使ったサンドイッチを3品ご紹介してみました。カロリーが高いので食べすぎには注意!ですが、気軽に作れて美味しいのがよいですね。

定番以外にも、フルーツやポテトチップスを足したりと、面白い応用レシピも出回っているので、今後は積極的にレシピを開拓してみたいと思います。