続・アメリカで使えるサランラップ探し

2021-05-01

悲しいことに、長年愛用していたWal-martブランド・Great Valueのサランラップが改悪されてしまいました。

以前より厚みが薄くなり、引っ張り出すとスライドカッターで切っている間にサランラップ同士がくっついてしまい、イライラすることこの上なし!

そんなわけで、別のブランドを試してみることに。

Krogerブランド製品:Cling Wrap

今回試したのはKrogerのプライベートブランドのサランラップです。

1本使ってみて、悪くはないかな?という感想でした。Great Value製品と比べたときの違いを下記にまとめてみました(Great Value製品については、「アメリカで使えるサランラップ2選」でご紹介しています)。

厚み・・・◎

とにかく厚い!

ビニール袋?と思うほどの厚みがあり、妙に薄く改悪されてしまったGreat Value製品とは雲泥の差です。引っ張り出しても、へなっとならず、サランラップ同士がくっついたとしても、すぐにはがせます。

ただ、厚みがある分、切るときに少し力がいるかな?

粘着力・・・○

粘着力は弱めですが、それなりにくっつきます。1回剥がすと粘着力が落ちてしまう感じですが、アメリカのサランラップはそういうものだと思っているので、許容範囲かな?

また、粘着力が強すぎないので、今のところ、ラップが芯にくっついて、1部が絡まってしまうこともなく、ストレスフリーで使えています。

カッターのデザイン・・・◎

箱にプラスチック製の歯がついていて、なかなか快適に切ることができます。

左手で箱を持って、右手で引き出してさっと切れるのも便利。スライド式カッターよりも、手間がかからない感じがします。

値段・・・△

お値段は、7/10/2020の時点で2.99ドル(200 sq ft)。

Great Value製品は、300 sq ft で3.12ドル(改悪後は2.98ドル)だったので、割高感がありました。

ただし、高級サランラップのSaran Premium Wrapは、100 sq ftで2.98ドルだったことを考えると、こんなものかもしれません。

また、Krogerならセール価格になることもあるだろうし、継続して買っていればクーポンを発行してもらえると思うので、悪くはないように思います。

その他:補充のお知らせ付き・・・◎

個人的に嬉しかったのが、残量が少なくなると出てくる「補充のお知らせ」。

サランラップの最後のほうに入れて巻いてあるだけなのですが、残り少なくなったときに「そろそろなくなるよ~」とリマインドしてくれるなんて、アメリカの製品にしては、すごく気が利いていると思います。

おかげで、うっかり補充品を買い忘れて困ることもなくなりそう♪

Great Value製品との比較

Great Value製品と比べてみました。

Kroger製品Great Value製品
厚さ
厚みがある
X
薄くてペラペラ
粘着性
カッターのデザイン
切るのにコツが必要
値段○ $2.99
(200 sq ft)
◎ $3.12
(300 sq ft)

改悪後のGreat Value製品で存分にイライラさせられたあとでは、Kroger製品のほうが随分マシ!と感じたのですが、粘着性ではやはりGreat Value製品が上。Kroger製品は一度使ってもう一度貼り付けようとすると、とたんに粘着性が下がり、新しいものに変える必要とかもあったので、結局、少々使いにくくてもGreat Value製品のほうに軍配が上がりました。

実はKroger製品のあとに、4種類ほど他の製品も試してみたのですが、すべてKroger製品以下(笑)。というわけで、今の所(2021年5月現在)、使いやすさで選ぶならKroger製品、粘着性で選ぶならGreat Value製品、でしょうか。

ただ、完全に満足できているわけではないので、今後もしつこく理想のサランラップを探していきたいと思います。良い製品が見つかったら、また新たに記事にしますね!

関連記事

食材を冷凍するときは、こちらの記事でご紹介したGlad プレス&シールを愛用しています。ご興味があれば、あわせてどうぞ!