パーチメントペーパーをきれいに敷く方法&型紙ボードの作り方

お菓子を焼く時に、パーチメントペーパー(クッキングシート)って使っていますか?

私は、洗い物が楽&型から抜きやすいという理由からパーチメントペーパーを愛用しているんですが、型が小さいと敷くのが意外と大変。無理に型に合わせようとすると破れてしまってイライラ・・・。

でも、この方法を知ってからストレスフリーで敷けるようになりました!

パーチメントペーパーの敷き方

STEP 1

型の底面を上にし、型が中央にくるようにパーチメントペーパーをかぶせたら、底面の縁に押し当てて底面の跡をつける。

STEP 2

跡に沿って、しっかり折り直し、ハサミで4箇所(写真の点線部分)に切り込みを入れる。

*写真中央にあるのは手作りの型紙ボード。詳しくは後述します。

STEP 3

型にパーチメントペーパーを敷く。このとき、サイドで切り込みをいれた部分が重なるのですが、中央部分(B)を両脇部分(A&C)で挟む形にします。

STEP 4

型からはみ出たパーチメントペーパーが気になる場合は、四つ角に切り込みを入れて外側に折る。これで準備OKです!

型紙ボードの作り方

上記の方法でも十分簡単なんですが、パーチメントペーパーってごわごわしていて、跡を付ける作業(Step 1)がちょっと面倒くさい・・・。というわけで、型紙ボードを作ってみました。

用意するもの

用意するのは、プラスチック製のシート。私はいただきもののカッティングボードシートを使いましたが、プラスチック製のランチョンマットとか、ちょっと薄めだけどプラスチック製のフォルダーなども使えると思います。

丈夫で汚れたら洗えるプラスチック素材がおすすめですが、なんならティッシュの箱くらいの厚みがある厚紙でもよいかもしれません。

STEP 1

カッティングボードシートの上に型を置き、マジックで底面周りをなぞって印を付ける。

STEP 2

定規を当ててカッターで切る。

厚みがあると1回では切れないので、定規を動かす前に2~3回カッターで切ってください。切るときにはカッターマットまたは要らないダンボールなどを敷いてテーブルを保護してくださいね。

完成!

型紙ボードができたら、パーチメントペーパーの中央にこれを置いて折り込んでいくだけ。型に押し付けて跡を付ける作業が必要なくなるので、体感的に速いです。

私的には作業が速くなった!と喜んでいたのですが、節約できる時間はおそらく30秒くらいなので(笑)、型紙ボードを作るのが面倒だわ~という方は、型に押し付ける方法でどうぞ。

いずれにしても、この方法なら本当に簡単に敷けるのでおすすめですよ!