アメリカらしい小麦粉用の保存容器

2021-03-16

小麦粉用の保存容器

在米組の皆様、小麦粉の保存はどうされていますか?

小麦粉の標準サイズが5ポンド(2.3kg)と販売単位が大きいアメリカでは、その保存方法や置き場所に悩みますよね。

私も結婚当初は保存方法がわからず、ジップロック袋に入れて保管しておりました。が、使ううちに粉がこぼれるし、ジッパーがきちんと閉まらなくなるし、見た目も悪いし。と、プチストレスになるように・・・。

でも、ある日、たまたま巡り合った保存容器のおかげで、すっきり保管できるようになり、ストレス知らずに♪

この記事では、私が使っている小麦粉用の保存容器をご紹介してみたいと思います。

アメリカの小麦粉事情

アメリカで小麦粉の収納に困る理由としては、以下が挙げられると思います。

販売単位が大きくて場所を取る

なんでも販売単位が大きいアメリカでは、小麦粉も例外ではなく、5ポンド(2.3kg)サイズが一般的。

ブランドによっては小さめサイズの製品もあるけれど、例えばGoldなどは2ポンドが1.99ドル、5ポンドが2.49ドルと、割高になってしまいます。

また、消費量や使う頻度が低いものであれば、量り売りで買うという手もありますが、お菓子やパン作りによく使うオールパーパスやブレッドフラワーなどは、逆に5ポンドが量的にちょうど良かったりします(1~2ヶ月に1袋の割合で消費しています)。

簡易包装だからそのまま保存できない

アメリカの湿度が低いからなのか、小麦粉は紙製のパッケージ袋に直接入れられているという、ぞんざいな扱いをされております。

さらに、上部を折り曲げて糊付けしただけの簡易包装になってるので、売り場の棚ですでに袋から粉が漏れていたりしています(アメリカあるある)。

パントリーでパッケージのまま保存するには向かないため、ジップロック袋に入れるなり、収納容器に入れるなりの手間がかかります。

Bob’s Red Millなど、オーガニックや高品質の粉類を少量販売しているブランドはプラスチック製の袋入りで、中にはジッパー付きのものも!でも、やはりこれも量が少ないのと経済的理由で却下です。

用途に合わせてストックする種類が増える

一般的な小麦粉であるオールパーパスを始め、ブレッドフラワー(強力粉)、ペーストリーフラワーやケーキフラワー(薄力粉)、全粒粉、セルフライジングフラワーなどなど。さらには漂白や無漂白タイプもあったりして、小麦粉1つをとっても、なかなかの品揃え。

さらに、マサ(コーンフラワー)、コーンミール、米粉、アーモンドフラワーなど、小麦以外の粉ものもあるので、用途に合わせて揃えると、常備しておく粉の数が増えてパントリーが大変なことに・・・。

Buddeez社の保存容器

そんなわけで、小麦粉の消費量と値段を考慮したら、5ポンド入りを買う以外に選択肢はなかったのですが、そんなときに出会ったのがBuddeez社の保存容器。

標準サイズの小麦粉をパッケージのまますっぽりと入れて収納してしまえ、という、キッチンに大きなパントリーがあるのが前提の、なんともアメリカらしいデザインです。

でも、小麦粉の入れ替えをしなくていいのがなんとも楽で。面倒くさがり屋の私にぴったりでした。

特許取得デザインのフタ付き

Buddeez社の保存容器のフタには、開口部と注ぎ口が付いています。

フタの開口部と注ぎ口を活用するには、まず中に小麦粉を袋ごと入れて、容器からはみ出る部分を切ります。

フタに袋の押さえが付いているので、持ち手の反対側にくるように袋の中に入れてフタを閉めると、開口部と注ぎ口を使って小麦粉を出せるようになります。

どちらも便利といえば便利なのですが、満タンの状態で注ぎ口を使おうとすると片手で持つには重すぎる。逆に小麦粉の量が減ってくると開口部からはすくいにくくなる。と、ちょっと中途半端な感じ。

なので、せっかくの特許取得デザインですが、個人的には全く活用していません。むしろ、フタを外して開け閉めする際に、袋の押さえがちょっと邪魔かも・・・(笑)。

でも、しっかり密封できるので、とくに不満はありません。

サイズ感の良い半透明の本体

フタをうまく活用できないというデメリット?もある反面、パッケージごと保存できるサイズが◎。

本体は半透明でパッケージが透けて見えるため、複数並べてもラベル付けする必要もなく、ひと目で中身がわかるのが気に入っています。

実を言うと、ガラスの瓶などに入れ替えたほうが見た目にも美しいし、昔は「丁寧な暮らし」に憧れもあったのですが、マメじゃない私には敷居が高かったです。どうせ見えないところに収納するし、今は断然、実用性重視!

ちなみに、5ポンドの小麦粉と同じ容量のものなら、用途は小麦粉に限らないので、うちでは4ポンド(1.8kg)サイズの砂糖の保存にもこの容器を使っています。

購入できる場所

Buddeez製品は、Amazonなどのオンラインショップをはじめ、Wal-martやホームセンター等で購入できます(具体的な取り扱い店は公式サイトで確認できます)。

私が持っているのはパントリー用のものですが、Buddeez社の製品には、シリアル用やコーヒー用の小さめサイズや、ペットフード用の大型サイズなどもあります。

▼私が使っているのは左のタイプ。Amazonには持ち手がないタイプもありましたよ。

その他、他社の製品とも比較してみたい場合は、Bed Bath and BeyondContainer Storeが保存容器を種類豊富に取り揃えています。もし実店舗がお近くにあれば、サイズ感もチェックしてみてくださいね(Bed Bath and Beyondでお得に買い物するには、こちらの記事もあわせてどうぞ)。

この記事が、何かヒントになれば幸いです。