最寄りスーパーの混雑状況を調べる方法

2020-07-22

新型コロナウィルス対策で、食料品の買い物に行く回数を減らしている方が増えていると思います。

私もその1人で、週1回だった買い出しを、3週間に1回に変更中。それでも、3週間分ともなればスーパーの滞在時間がおのずと増えてしまいます。他の買い物客と接触を避けるために、できれば混んでいないときに行きたいと思うもの。

行く予定のお店に電話をかけて、混雑状況を確認することもできますが、それは少し面倒くさい。そんなときはGoogle Mapを利用しましょう!

Google Mapでお店を検索するだけ

必要な作業は、Google Mapで行きたいお店を検索するだけ。

検索すると、サイドバーにお店の情報が表示されます(チェーン店など同名のお店が何店もある場合は、複数表示されるので該当ストアを選択してください)。

住所や電話番号などの店舗情報の下に、Popular Times(訪問数の多い時間帯)というグラフも合わせて表示されます。

これは1時間単位での混み具合を表すグラフで、Googleの「ロケーション履歴」(各ユーザーのスマホの位置情報)がベースになっています。

位置情報をオフにしているユーザーやスマホを持たない人はカウントされていないので、必ずしもこの通りというわけではないのですが、目安として使う分には十分だと思います。

Popular Times横の▼をクリックすると、各曜日のグラフに切り替えられますので、1週間を通して空いている時間を確認することができます。

また、調べた時点(対象となる時間帯)でのリアルタイムな情報も表示されます。

新型コロナウィルスの影響で、表示グラフのデータが目安にならない場合もあるかもしれないので、買い物に行く直前に調べてLIVE情報を参考にすると、より確かです(一番確実なのは、やはりお店に直接電話しちゃうことですけどね)。

正直、今まで気にも止めていなかった機能ですが、このご時世、「人混みを避ける」ためにはかなり有効だと思います。

スーパーだけでなく、どんなお店でも混雑状況を調べられるので、まだ利用したことがない方はぜひチェックしてみてくださいね。